home

お知らせ > 大津三大祭り

2016-03-14 09:41:00 UPDATE

大津三大祭り

「山王祭」「船幸祭」「大津祭」、大津三大祭りと言われる三つの歴史あるお祭をご紹介します。

■山王祭
 ●日時:平成28年4月12日(火)~14日(木)
 ●場所:日吉大社
      山王祭メイン用.jpg

全国3800あまりの「山王さん」の総本宮「日吉大社」の例祭です。
大津市の無形民俗文化財に指定されています。

 このお祭りは、3月1日から1ヶ月半にわたり行われますが、期間の中で中心となるのが、4月12日から14日迄の3日間です。
12日、
夫婦神の結婚を表すとされる牛尾山(八王子山)から二基の神輿を東本宮へかつぎ降ろす
「午の神事(うまのじんじ)」
13日、
若宮誕生を模して神輿を激しく揺り動かす「宵宮落とし(よみやおとし)」
14日、
七基の神輿の「船渡御(ふなとぎょ)」、と時には勇壮にそして時には華やかに祭礼がとりおこなわれます。

 春、坂本の桜の訪れとともにこの山王祭をお楽しみください。

■船幸祭
 ●日時:平成28年8月17日(水)

 ●場所:建部大社
        DSC_2181メイン用.jpg
 
 近江一の宮「建部大社」の例祭です。

 このお祭りは、日本武尊の海路東征の故事に由来する水上祭で、8月17日の本祭には、建部大社から川岸まで巡行した大小の神輿が御座船に乗せられて瀬田川を巡航します。
 瀬田川洗堰手前の御旅所での神事の後、還御となり、船団が夕闇のなか、川岸のかがり火や提灯の灯りを川面にゆらめかせながら瀬田の唐橋まで戻る頃、花火大会が始まり、祭りはクライマックスに達します。
 湖都大津、夏の風物詩の一つでもありますが、このお祭りが、夏の終わりが近づいたことを告げるともいえます。夏の夜のひとときを豪快な花火大会とともにお楽しみください。

■大津祭
 ●日時:平成28年10月8日(土)、9日(日)

 ●場所:天孫神社一帯
        1279 滋賀の誇り大津祭メイン用.jpg
 
 江戸時代に始まった天孫神社の祭礼で、湖国三大祭にも数えられる、湖都大津の秋を彩る絢爛豪華なお祭りです。

宵宮(体育の日前々日)には、午前中に曳山を飾り付け、午後に宵宮曳きを行い、からくり人形は町屋に飾られます。夕刻になると、提灯が灯され、お囃子が演奏される街中で曳山がご覧いただけます。
本祭(体育の日前日)には、天孫神社前に13基集合し、9時前に出発し、丸一日をかけて街中を巡行します。巡行中は、お囃子とともに、厄除けちまきや、各曳山の手拭いが曳山の上から撒かれ、また各所でからくりが披露されます。
滋賀県の無形民俗文化財に指定されています。