home

テーマで探す > 近江大津宮錦織遺跡

近江大津宮錦織遺跡

大津京(宮)は、667年、天智天皇により奈良の明日香から遷都されたが、672年の壬申の乱で廃都と化した。以後長らく宮跡さえ不明で、所在地を巡り論議を呼んでいたが、昭和40年代に宮跡らしき遺構が発見された。国の史跡に指定。

住所大津市錦織
交通・京阪近江神宮前駅から徒歩2分
・名神京都東ICから10分
問い合わせ先077-521-2100(大津市歴史博物館)